スペイン・セビージャのWiFi事情

海外WiFiレンタル

海外WiFiレンタルは、到着後すぐにデータ通信ができる便利なサービスです。当サイト割引価格の料金表は以下のページにまとめています。海外WiFiレンタルは、英語が苦手な方、日本語サポートが必要な方、機器設定が苦手な方、現地でプリペイドSIMカードを買っている時間がない方におすすめです。

*複数国へ行かれる場合は、世界周遊、ヨーロッパ周遊、アジア周遊プランもあります。
*友人や同行者と1台のルーターをシェアーされたい場合は、大容量プランもあります。

プリペイドSIMカード

スペインの主な携帯会社は4社あります。Vodafone、Movistar、Orange、Yoigoの4社です。この4社であればカバーエリアはほぼ同等なので、旅行や日常生活で使うには問題はありません。日本の割賦契約と同じように24ヶ月のcontratoと呼ばれる契約と、チャージ式のprepago(プリペイド)という契約方法があります。

contratoは銀行口座を6ヶ月以上保有している必要があり、銀行口座を作るにはresidencia(学生や就労ビザを取得していること)が必要なので、旅行で利用する場合はプリペイドが便利です。スペインで使えるSIMフリーの端末を持っている場合は、プリペイドのSIMのみ契約することができます。prepagoの通信プランは1ヶ月あたり10ユーロ~20ユーロ程度。店頭でパスポートを提示して契約することができます。

利用が契約上限に達した場合、または1ヶ月契約した場合はチャージ(recargar)を行う必要があります。チャージは店頭またはスーパーマーケットやエスタンコ(タバコ屋さん)で行うことができます。スペインの銀行のクレジットカードを持っている場合は、各キャリアのマイページからチャージを行うこともできます。(クレジットカード払い)SIMフリーの端末を持っていない場合は、上記の他、端末代が必要です。

海外パケット定額サービス

利用可能。

無料WiFi

数はそこまで多くないですが、無料WiFiのあるカフェやバルが街中にあります。また、銀行の支店に”FREE WI-FI”がある場合もあります。無料WiFiがある場合は、『WiFi』のシールが貼られています。無料WiFiエリアで、パスワードが必要な電波だった場合は、お店の人に聞いてみましょう。あとは、トランビア(路面電車)の中は無料WiFiのサービスがあります。パスワードは不要です。

スペインの基本情報

時差 -8時間 サマータイム:-7時間
日本からのフライト時間 直行便で約12時間
通貨 ユーロ
電圧 220V/50Hz
水道水 ミネラルウォーターがおすすめ
空港からの市内への移動 タクシー、電車、バス

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。

・マドリッドのバラハス空港からは、バス、タクシー、地下鉄が利用できます。バルセロナの場合はバス、電車(エアポートエキスプレス)、タクシーで市内まで移動できます。