カナダ・トロントのWi-Fi事情と旅行情報

海外WiFiレンタル

海外WiFiレンタルは、到着後すぐにデータ通信ができる便利なサービスです。当サイト割引価格の料金表は以下のページにまとめています。海外WiFiレンタルは、英語が苦手な方、日本語サポートが必要な方、機器設定が苦手な方、現地でプリペイドSIMカードを買っている時間がない方におすすめです。

*複数国へ行かれる場合は、世界周遊、ヨーロッパ周遊、アジア周遊プランもあります。
*友人や同行者と1台のルーターをシェアーされたい場合は、大容量プランもあります。

プリペイドSIMカード

プリペイドSIMカードは、市内の携帯電話の店舗、家電料暗転、コンビニ(セブンイレブン)、ショッピングモールなどで購入できます。

海外パケット定額サービス

利用可能。

無料Wi-Fiスポット

空港、ホテル、鉄道駅、スタバなどカフェでWi-Fiが利用できますが、データ通信の速度はそれほど速くありません。

カナダのWi-Fi事情

SIMフリーのスマホやタブレットを持っている方は、現地でプリペイドSIMカードを買う方法も選択肢に上がると思います。カナダの携帯キャリアは、Bell、Rogers、Fido、TELUS、Windになります。プリペイドSIMカードは、市内の携帯電話の店舗、家電量販店、コンビニ(セブンイレブン)、ショッピングモールなどで購入できますが、購入する時間を考えるとこのサイトで紹介している海外Wi-Fiレンタルがおすすめです。

カナダ・バンクーバー国際空港のWi-Fi

カナダのトロントへ行く場合、バンクーバー国際空港で乗り換える方も多いと思います。トロントのWiFi事情の前にバンクーバー国際空港でのWi-Fi事情をまとめます。ここもトロントの空港同様に問題なく無料WiFiが利用できます。個人的に日本の成田空港より充電サービスなどは充実していると思います。

スマホを機内モードにしたまま、WiFiのみオンにします。そうすると以下の画面が出てきますのでI agree(同意する)を選択ですぐに接続可能です。
カナダ・バンクーバー国際空港のWi-Fi

SSIDは、ybrairport(バンクーバー空港)のWi-Fiを選択します。
SSIDは、ybrairport(バンクーバー空港)のWi-Fiを選択

また、エアカナダは、機内でのWi-Fiも可能でした。有料ですが30分3$~とクレジットカード使用可能です。エアカナダの機内にはUSBケーブルも各席に設置されている飛行機もあるので、充電をしながら機内でネットを楽しむことが可能です。
Air Canada機内WiFi

カナダ・トロントのWi-Fi事情

トロント市内で無料のWi-Fiを探すのは全く難しくありません。カナダ発祥のカフェであるティム・ホートンズ、セカンドカップはもちろん、スターバックスでも無料でWi-Fiを利用することができますし、マクドナルド等のファストフード店でも利用可能です。レストランやバーでも無料でWi-Fiが利用できるところが多いので、店員さんに聞いてみるといいでしょう。

また、イートンセンターやヨークデールモール等の大きなショッピングセンターも無料のWi-Fiの電波が飛んでいるところがほとんどですし、街中に数多くある公共図書館でもWi-Fiが利用できます。

イートンセンター
イートンセンター

接続の仕方ですが、多くの人が出入りするようなところでは、パスワードがかかっていないところがほとんどですので、Wi-Fiアクセスの画面を開き、”I agree (承諾します)”のところにチェックを入れて、”connect (接続)” や “Login (ログイン)” をクリックします。

チェーンではないカフェやレストランではパスワードがかかっていることが多いですが、その場合でもレジのところにパスワードが貼り出してあるか、店員さんに聞けば教えてくれます。

カナダ基本情報

時差 バンクーバー:-17時間、トロント:-14時間。サマータイムは、通常の時差から-1時間
日本からのフライト時間 バンクーバー:直行便で約9時間、トロント:経由便で約13時間
通貨 カナダドル(CAN$)
電圧 110V/60Hz
水道水 水道水またはミネラルウォーター
空港からの市内への移動 場所により電車またはタクシーなど車で移動

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。

カナダ・トロント空港(ピアソン国際空港)から市内へのアクセス

日本からの便はトロント空港(正式名称:ピアソン国際空港)に到着します。そこからダウンタウンまでのアクセス方法はいくつかありますが、ここでは通常使われる3つをご紹介します。
 

TTC(トロント公共交通機関)を利用する

まずは、トロント空港からTTCの路線バス(192番)に乗って地下鉄のキプリング駅まで行きます。路線バスの終点が地下鉄の駅ですので乗り過ごす心配はありません。また、このキプリング駅はブロア・ダンフォース線の始発ですので、あとは地下鉄に乗り換えて目的の駅まで行くだけです。料金は、現金払いの場合は3.25ドルですのでかなり安くダウンタウンまで行くことができますが、お釣りがでませんのでご注意ください。所要時間は約1時間から1時間半です。

タクシーを利用する

荷物が多い時などにはやはりタクシーが便利ですが、ダウンタウンまで乗ると料金は50ドルから60ドルぐらいになります。カナダではこれに15~20%程度のチップを払うため、他の方法に比べると割高になります。所要時間は約30分から1時間です。

UP Expressを利用する

一番新しくできた鉄道路線です。ピアソン空港駅とダウンタウンのユニオン駅を約25分間で結び、15分間隔で運行しています。料金は最近値下げをして12ドルになりました。車内では無料でWi-Fiが利用できます。