U.A.E. ドバイのWi-Fi事情

海外WiFiレンタル

海外WiFiレンタルは、到着後すぐにデータ通信ができる便利なサービスです。当サイト割引価格の料金表は以下のページにまとめています。海外WiFiレンタルは、英語が苦手な方、日本語サポートが必要な方、機器設定が苦手な方、現地でプリペイドSIMカードを買っている時間がない方におすすめです。

*複数国へ行かれる場合は、世界周遊、ヨーロッパ周遊、アジア周遊プランもあります。
*友人や同行者と1台のルーターをシェアーされたい場合は、大容量プランもあります。

プリペイドSIMカード

ドバイについては、国際空港でEtisalatとduの店舗でプリペイドSIMカードが買えますので、SIMフリーのスマホなどを持っている方はおすすめです。空港以外でショッピングモール内の店舗でも購入可能です。

海外パケット定額サービス

利用可能。

無料WiFi

ドバイでは、空港、カフェ、ホテル、ショッピングモールなど充実しています。レストランやカフェでは無料WiFiを利用できるところが多いです。

ドバイの携帯電話事情

ドバイ
UAE駐在の方の情報として、ドバイの携帯電話事情について、普及率は高く、スマホのほとんどがiPhoneです。しかし、エマラティと呼ばれるアラブ首長国連邦の人達以外の外国人労働者といえば、スマートフォンではなく日本で言うガラケーを持っている人も多いです。ガラケーというよりは、例えばホテルのスタッフどうして連絡しあうときに使うような電話専用の携帯みたいなものが多いです。彼らは遠い自分の国から離れ、外国人労働者として家族のために働いています。そのためか、自国に残っている家族に対する愛が強く、ほとんどの人が休憩中に家族と電話し始めるのです。


UAEのキャリアーは、Etisalat(エティサラット)かdu(デュー)の2社になります。現地に住んでいる方もプリペイドSIMカードを買って携帯にチャージしていく方法を使っている人が多いです。日本のようなコンビニや、ガソリンスタンドにあるようなショップ、スーパーなどどこでも買うことができます。少額からトップアップ(チャージ)できます。レシートにトップアップするための番号が書いてあるので、その番号を携帯に打ちこむだけで、購入した分の料金がチャージされる仕組みです。

U.A.E.の基本情報

時差 -5時間
日本からのフライト時間 直行便で約11時間
通貨 ディルハムとフィルス
電圧 220V,240V/50Hz
水道水 ミネラルウォーターがおすすめ
空港からの市内への移動 タクシー(メーター制)とエアポートバス、地下鉄(ターミナル1と3)

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。

・イスラム教の国ですので、女性の方は、ショートパンツなど肌を露出しない服装を着るなどの配慮が必要です。

ドバイ旅行について


日本から直行便でも11時間くらいかかります。ドバイへ旅行する際は、うまく計画を立てれば2日でだいたいの主要観光地を堪能できます。たとえば、日本を金曜日の夜に出発する便ですと、ドバイに到着するのは朝方です。まずは荷物をホテルに預けバスタキア地区観光で古き良きドバイを堪能し、博物館もあるのでドバイの歴史を学ぶことができます。

ドバイといえば有名なのが金です。ゴールドスークやスパイススークが立ち並ぶ場所を見ているだけでも楽しいですし、そのあとはドバイモールに行き、ショッピングやBurj Khalifaに登ったり、向かいのThe palace Hotel でアフタヌンティーもおすすめです。夜はドバイファウンテンを楽しむのをおすすめです。

次の日は7つ星ほてるBurj Al ArabやAtrantis 、エミレーツモールなどで楽しめます。そのあとは夕方からのサファリツアーに参加し、遅くとも9時ころにはドバイに戻ってくるので、ホテルで荷物を受け取り空港へ向かえば夜中発の飛行機に余裕で間に合います。日本時間月曜日の夕方に到着予定なので、1日有休を取れば、週末旅行も可能です。もう1日余裕があるのなら、アブダビによるのもおすすめです。ドバイからバスで2時間ほどの距離です。目を奪われるほど綺麗なグランドモスクや、エミレーツパレスホテル、フェラリーワールド等ドバイに負けないほどの観光地があります。