香港の旅行情報

香港旅行に必須のオクトパスカード(八達通カード)

香港のほぼすべての乗り物(タクシーと赤いミニバス以外)で使えるオクトパスカード。カードリーダーにかざすだけで運賃を精算できるので、電車や地下鉄の切符を並んで買うこと必要がなく、小銭の準備もいらないので、香港でスムーズな移動を可能にしてくれるカードです。

オクトパスカードで支払うと、MTRやKCRで割引料金で利用できます。電車同士や電車とバスの乗り換え時の割引もあり、カードをかざすだけで自動で割引サービスが受けられるのはお得です。バスの利用時はおつりが出ないので、両替の心配もなくなり安心です。

もし香港エアポートエクスプレスを利用するなら、トラベルパスを購入すれば地下鉄(MTR)3日間乗り放題付きのオクトパスカードとして使用できます。地下鉄を一番最初に利用してから72時間乗り放題なので、旅行日程を計算しつつ利用するのも一つの方法です。

オクトパスカード

現在はコンビニやマクドナルド、スーパーでも使用が可能。購入場所は、旅行者に便利なのが空港の「客務中心(カスタマーサービス)」の窓口かもしれません。また、基本的にすべての駅で購入可能です。最低100香港ドルとデポジットの50香港ドルを差し出し、「Octopus Please!」と言えば購入できます。旅行者でも入手しやすいので、ぜひ購入をお勧めします。

香港旅行お勧めのバスアプリの紹介

香港バス
香港旅行で安くて便利な移動手段はバスです。でも、目的地までどれに乗ればいいかわからないと心配になるかもしれません。そんな時に便利なのが、バス路線を調べることができるアプリ。香港のバスはエリアごとに会社が異なるので、それぞれの会社のアプリを持っていると安心です。

香港に二つの大きなバス会社、香港島メインのCityBus&FirstBusのバスを調べることができるアプリは「CityBusNWFB(新巴城巴)」。こちらのアプリの便利な点は、出発地点と到着地点を調べるのが簡単なことです。GPSをONにしておけば「Current Location」のボタンを押すと、自動で自分の場所を見つけてくれます。「Map」から自分で目的地を確定することもでき、一度登録した地点は「My Bookmark」で登録しておけるので、何度も地点を調べる必要がありません。検索された路線のバス停名も表示してくれるので、バスに乗っている時に表示されるバス停名を確認し、間違わずに降りることができます。


CityBusNWFB(新巴城巴)のアプリ

「KMB&LW」アプリは九龍島メインのKMBグループの路線を検索できます。九龍島に行くなら必須のアプリです。使い方は先ほどのアプリと同様ですが、乗り場の写真も掲載されているので、初心者でも安心。目的地が決まっている場合、特に使いやすいアプリです。乗り場や時刻表、地図情報が閲覧できます。もし現地でバス停を見かけたら、このアプリを起動して調べれば、状況に応じて自由に移動できるので便利です。


「KMB&LW」アプリ

お勧めの100万ドルの夜景スポット

香港夜景
香港といえば有名なのが「100万ドルの夜景」。ギネスブックにも認定されている毎晩20時に行われる光と音のイベント「シンフォニーオブライツ」は見ものです。ヴィクトリアハーバーを挟んで、香港島と九龍島の高層ビルからレーザーが放たれ、イルミネーションが輝きます。香港に来たなら存分に味わってほしい、お勧めの夜景観賞スポットをご紹介します。

「チムサーチョイ(Tim Sha Tsui Promenade)」ヴィクトリアハーバーに面する遊歩道。観景台という香港文化センター前の高架道ではベンチで鑑賞することも可能。

「アベニューオブスターズ」は、ヴィクトリアハーバー沿いの遊歩道で、香港映画の著名人の像のライトアップも見られます。ブルース・リーの像の前で、一緒にカンフーをして写真撮影も楽しめます。「九龍ピーク(Kowloon Peak)」は、香港島と九龍半島の夜景を十分に堪能できる夜景スポットです。観光地化されておらず、レストランや売店と言った施設が少ないので、夜景を満喫できます。

アベニューオブスターズ

「ビクトリアピークのスカイテラス428」では、山の上から香港の世界三大夜景を味わえます。ケーブルで山の上に向かう時から、ワクワク感で気持ちが高まります。テラス上ではベストポジションから写真を撮ってくれるサービスがあり、テラスを降りてから画像を確認して、気に入ったら購入も可能です。