オーストラリア・シドニーとメルボルンのおすすめホテル、観光スポット、お土産

おすすめするオーストラリアのホテル3選

オーストラリアの各都市を回る中で、バックパッカーズや、ホステル、ホテルなど様々なタイプのアコモデーションに宿泊しましたが、その中でもおすすめのホテル3つをご紹介したいと思います。

シェラトンオンザパークホテル(シドニー)


シティの中心地に位置し、目の前にはハイドパークが一望できる5つ星ホテル。近くにはマイヤーや、デイビットジョーンズなどの大手百貨店が徒歩5分圏内にあり、買い物にも抜群のロケーションです。歩いてオペラハウスや、ロックスなどの観光地に行くこともできます。


落ち着いた色合いのお部屋は、旅の疲れをホッと癒してくれます。もちろん、ベッドの寝心地は言うことなし。


足も余裕で伸ばせるバスタブで、とっても広々としたバスルームは日本人にとってはとっても嬉しいポイントですね!


おすすめは、最上階にある会員専用VIPラウンジ。ビュッフェ形式でフルーツや、スイーツ、可愛くデコレーションされた軽食を、ハイドパークの景色とともに楽しむことができます。


スタッフの方が常にテーブルを見に来てくれてお茶がなくなるタイミングで、すぐに変わりのお茶を持ってきてくれたり、とにかくサービスが素晴らしく、特別な気分にさせてくれます。
カップルでの記念日など、特別な日に宿泊すれば、とっても素敵な旅になること間違いなしです。

ザ ロイスホテル(メルボルン)


シティエリアからトラムで10分ほど行ったところにある、こちらも5つ星ホテル。ロビーに入った瞬間から、創り込まれた世界観のデザインに、まるで別世界に来たような気分にさせてくれます。


お部屋はスタイリッシュそのもの。ずっと居たくなってしまうような、そんな魅力に溢れています。残念ながら、日本人スタッフはいないのですが、丁寧な接客は、メルボルンの数々のホテルの中でも群を抜いている印象を受けました。

フォーシーズンズホテル(シドニー)


シドニーオペラハウス目の前という最高のロケーションが魅力のこちらも5つ星ホテル。なんといってもお部屋から、オペラハウスが一望できるのが、とってもロマンチック!


夜景がとっても綺麗です。1度は泊まってみたいおすすめのホテルです。

オーストラリアに旅行される方は是非、泊まってみてはいかがでしょうか。

オーストラリアおすすめ観光スポット3選

砂漠地帯の大自然から、シドニーやメルボルンなどの大都市まで、さまざまな経験ができるオーストラリア。各地実際に見て回った中から、おすすめの観光スポットをご紹介したいと思います。

グレートバリアリーフ


世界最大の珊瑚礁が広がるグレートバリアリーフの透明度の高い海は必見!ケアンズから、船で行くことができ、おすすめは、ヘリコプターの上空から、珊瑚礁を見るツアーです。見た人は幸せになると言われているハートの形をした珊瑚礁は、是非大切な人と見に行きたいですね!

ハネムーンや、カップルにも人気のグレートバリアリーフツアーでは、その他ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティが豊富に楽しむことができ、海好きにはたまらない場所となることでしょう。快適に過ごせる12月の真夏に行くことをおすすめします!

シドニー


オーストラリアきっての大都市シドニーでは、買い物や洗練された建築物などを楽しむほか、少し足を伸ばせば世界遺産であるブルーマウンテンにも行くことができます。やはり、オペラハウスやハーバーブリッジは、1度は見ておきたいスポット。

オペラハウス周辺では、歴史的な建造物や週末に開かれるマーケットなどが楽しめるロックス地域も必見。とくにマーケットは手作りのちみつや、オーガニックフードなども購入できたりと、オーストラリアならではのアイテムが豊富に揃っている歩いているだけでとっても楽しいエリアです。


地元民も多数訪れるロックスマーケット。


シティから少し離れたボンダイビーチは、世界中からサーファーたちがこぞって訪れる人気スポット。オーストラリア名物フィッシュ&チップスを食べながらビーチでくつろぐのはいかがでしょう。

メルボルン


別名アートの街として知られるシドニーの次に大きなシティメルボルン。イギリスの植民地だった影響もあり、洋風の建物が立ち並ぶ町並みはとっても美しいです。


一歩路地裏に入ると路上の壁にはいたるところにストリートアートが施されているのもメルボルンならでは。


また、コーヒーの街としても有名なメルボルンでは、シティには300件以上ものカフェが立ち並んでいます。ラテアートのレベルも高く、そのお味は言うことなし。おすすめは豆乳カプチーノ。フワフワの泡がのったそのコーヒーは、日本ではあまり味わえるカフェがまだまだ少ないですね。


海沿いに断崖絶壁が並ぶグレートオーシャンロードの景色も必見です。おすすめは夕日の景色。空がオレンジ色に染まり、岩が照らし出される景色は、息を呑む美しさです。

以上オーストラリアおすすめ観光地3選でした。広大な土地であるオーストラリア、どこに行こうか悩みますが、是非参考になれば幸いです。

オーストラリアで食べたい食べ物&飲み物5選!

大自然が魅力のオーストラリアでは、様々な食文化があります。その中でも是非トライしてほしい5選をご紹介いたします。

ワイン


ワイナリー文化が日本よりも栄えているオーストラリアでは、シラズや、ピノノアといったオーストラリア産のワインをたくさん楽しむことができます。リカーショップでは1本5ドルといった安価なものから1本100ドルもする高級ワインまで豊富に揃えられています。

おすすめは、モスカトというデザートワインで、日本人には珍しいものかもしれませんが、こちらではリカーショップで簡単に手に入れることができます。その名の通り、とっても甘いワインで、お酒が苦手な人にも飲みやすくてオススメ。

チーズ

ワインに合わせて食べたいのは、チーズ。オーストラリアでは街中にチーズショップが存在し、グラム売りで、羊のミルクでできたゴーツチーズや、牛のミルクでできた様々な種類のチーズを頂くことができます。


店内にはホールケーキのような大きなサイズのチーズがずらり。もちろん試食も可能です。お気に入りのお味を見つけてきてはいかがでしょう。

コーヒー


日本ではアメリカンコーヒーが主流ですが、こちらでは、カプチーノや、フラットホワイトなど、甘いテイストのコーヒーが人気。

朝の時間帯にはコーヒーカップ片手に出勤する人たちをたくさん見かけます。おすすめは、豆乳カプチーノ。泡がとってもフワフワで、美味です。寒い日には、エキストラホットと言うと、熱々のコーヒーを渡してくれます。

ラム肉


オージービーフで知られるオーストラリアですが、意外におすすめなのは、ラム肉!

スーパーで安価で手に入ることができ、栄養満点。臭みも少なく、シンプルに焼いて召し上がるのがおすすめ。日本にいる時はラム肉ってとっつきにくくて苦手だったのですが、オーストラリア産のラム肉はペロリといただけちゃいました。

スコーン


アフタヌーンティーやモーニングティーといって、紅茶やコーヒータイムを楽しむ文化のあるオーストラリアでは、それに合わせてよくスコーンが家庭のティータイムに出てきます。カフェなどでも気軽に注文することができ、ジャムやクリームをたっぷりのせていただきます。おいしいコーヒーとともに是非味わいところ。

その他、ベジマイトなどオーストラリア独特の食文化もありますが、その中でも実際に食べてよかったおすすめ5選を紹介いたしました。

ぜひ1度トライしてみてはいかがでしょうか。

オーストラリアジブリの舞台となった場所2選

オーストラリアには、ジブリの映画に使われたとされるファンの間で有名な場所がいくつか存在します。その中でもとくに有名な場所2つを紹介したいと思います。

グランピアンズ国立公園


ビクトリア州最大の国立公園であるこの場所は、岩が織り成す壮大な景色を楽しむことができます。初心者でも挑戦できるトレッキングコースのその先に見ることができるのは、あの有名なジブリ作品のもののけ姫の舞台となった場所。


あのアシタカの名セリフ、「おまえにサンが救えるか?!」のシーンで舞台となったと言われているのがこちらのポイント。実際には、岩の上に立つことは、禁止されているので回りから眺める形で楽しむことができます。大自然を満喫できるこの公園はジブリファンじゃなくても、十分楽しいツアーになること間違いなしです。

ロスベーカリー(タスマニア半島)


メルボルンから船で行った先にある小さな島、タスマニア。絶滅危惧種とされるタスマニアンデビルが生息する土地として有名です。そんな小さな島のとあるパン屋さん、ロスベーカリーは、ジブリでも大人気作品である、魔女の宅急便の舞台のモデルとして知られています。


店内に入ってみると、日本の映画のモデルとして使われた現地の新聞が飾ってありました。キキが働いていたパン屋さんの舞台ですね。


日本からも多くのファンが訪れるこちらのパン屋さん。日本語でのサインもちらほら。パン屋の2階にはキキが住んでいた屋根裏部屋のモデルとされるお部屋もあり、実際に泊まることもできるそう。


メニューはいたってオーストラリアのカフェといった感じで、コーヒーやお茶、ケーキを楽しむことができます。魔女の宅急便ファンは、1度は訪れてみたいですね。

以上、オーストラリア、ジブリで使われた場所2選でした。

オーストラリアのおすすめお土産

オーストラリアのスーパーに行くと、たいてい専用ディップコーナーがあります。パーティーや皆で集まるときは必ず出てくるクラッカー&ディップ。オージーたちは本当ディップ好きです。スーパーにはディップ専用のコーナーもあるほどの人気ぶり。是非、お土産にお1ついかがでしょうか。


スーパーでは、このようにディップがずらり!その種類は全部トライするには1ヶ月毎日食べても無理なほど!


こちらの4種類入ったディップセットは色んな味を楽しめるのでオススメです。私は左上のフレンチオニオンが1番好きです!


このようにクラッカーにつけていただくのですが、とってもおいしいんです。なんともお手軽なおつまみで、お酒のおともにぴったり!


そして今回1番オススメするのがこのディップ!!

セレブリティがこぞって足を運ぶレストランNOBUにて修行したシェフの方から 教えてもらったんですが、これ本当においしいんです

見た目はグリーン一色で皆、「おいしいんだよー」と言っても 「えーっ。すごい色・・」と一瞬とまどうんですが 食べたら全員こぞって「おいしーこれ何?!どこの?!」って言います。

私の友達は「オーストラリアに来て1番おいしい!」と大変感動して お土産に3つ日本に買って帰りました!!

このメーカーのじゃないと駄目で、他メーカーのロケットディップを試しましたが ダントツこのメーカーのディップがおいしいです。

パスタに使うのもオススメとシェフの方に教えていただきました。

オーストラリアのスーパーでお土産買う人多いと思うんですが 是非ディップコーナーに行ってみてください。

様々な種類から、お気に入りを見つけてみてくださいね。

*2016年5月現在の情報です。