海外の無料WiFiスポットについて

パリリオン駅

海外にも無料のWiFiスポットがたくさんあります。有名なところとして、マクドナルド、スタバ、空港、駅など。ただ、利用者が多かったり、通信環境が悪いと接続が安定しない場合があります。

 

特に空港ですと私もいろいろな国の空港で試していますが、有料が多かったので、以前はiPass経由で接続していました。米国、中国のスタバでネットを利用したときは安定していましたね。

 

無料WiFiスポットを検索する方法としては、以下のサイトまたはスマートフォン用のアプリでも検索できます。

 

JIWIRE

 

無料WiFiスポットを利用したい場合は、出発前にアプリやネットで探しておきましょう。あとは、街中ではわざわざ無料WiFiスポットまで行くのが面倒な場合は、別ページで書いたようにWiFiまたは有線LANでネットが利用できるホテルに宿泊しましょう。今では、安い宿泊料金のホテルでも無料でインターネットができるホテルが増えています。私もそうですが、ネットができるかどうかでホテルを選んでいる人が増えているためだと思います。

 

私の場合は、出発前に緊急用で無料WiFiスポットのみ調べていきますが、WiFiルーターをレンタルするようになってからは、無料WiFiスポットは、ほとんど利用していません。WPA2で暗号化されている無料WiFIスポットはまだ安全ですが、WEPや暗号化されていないWiFiスポットは安全性の問題があるためです。

 

無料WiFiスポットについてまとめると
・悪意のあるWiFiスポットもあるので、暗号化されていない(南京錠のマークがない)WiFiスポットには接続しない
・WPA2-AESで暗号化されているWiFiスポットは、今のところ安全
・WEPで暗号化されているWiFiスポットは、すでに解読されているのでセキュリティに不安があるので注意しましょう。
・パスワードを入力するサイトを見ない。人に見られてもよいサイトのみ利用する。

 

海外では無料WiFiスポットを利用されている方が多いと思いますが、特にビジネスで海外へ行かれる方は、社外秘ファイルも保存されていると思いますので、安全性を考えると海外WiFiレンタルがおすすめです。あと、ホテルでもIDとパスワードを頻繁に変更するところが理想ですね。