中国のWi-Fi事情と旅行情報

Wi-Fiルーター

中国は、地方都市はホテルでもWi-Fiができないところがまだ多いです。携帯電話も電波が悪いところも多い印象です。

 

私が中国へ出張するときは、このサイトで書いたように中国で使えるWi-Fiルーターと香港系のプリペイドSIMカードを出発前に購入してSIMフリーのスマホに挿して使っています。

 

中国のモバイル事情において他の国と大きく違うことは、LINEやTwitterやFacebookなどの日本や世界で主流となっているアプリやSNSは基本中国では使用が禁止されているため、中国国内で使用することができないことです。

 

わたしも中国で使用できないか試したところ、到着した一日目は使えたのですが、翌日からすぐに使えなくなってしまいました。ですので中国を旅行されるのであれば、中国用Wi-Fiレンタルを利用する、またはSIMフリーのスマホなら香港China UnicomのプリペイドSIMカードをAmazonで買っておいて、現地でAPN設定すれば、LINE, Twitterなど中国で禁止されているアプリも利用できます。

 

香港China Unicom
上の写真は、Amazonで買った香港China UnicomのプリペイドSIMカードです。

 

参考記事:中国で香港China UnicomのプリペイドSIMカードを使ってみた。

 

海外WiFiレンタルを利用する場合は、以下ページもご覧ください。
エクスモバイルで海外用WiFiルーターをレンタルしてみた。
中国上海の出張でWi-HoのWiFiルーターを使ってみた。

 

北京空港のWi-Fi事情

北京空港で乗り継ぎのときに無料Wi-Fiを利用しようと思いましたが、以下の方法で試しましたが、快適とは言えませんでした。

 

自分のフライト番号とラストID4桁の数字など入力しましたが使えませんでした。
北京空港のWi-Fi

 

中国語版の画面で以下の画面が出たら青い四角い『一健上刃』の様なボタンを永遠と押し続けると急にWi-Fiに接続できました。

 

それを何度か青いボタンを押しているとWi-FIが使用できます。使い方はこっちの方がシンプルでわかりやすかったです。でも、こちらのWI-FIも接続が不安定で、トイレや数メートル離れた場所へ行くとまた再ログインが必要になります。結局、3時間の待ち時間でメール1通のみ送信できた程度でした。

 

私は、中国へは何度も出張していますが、空港の無料WiFiは安定しなかったり、使えないことが多いです。

 

中国の基本情報

時差 -1時間
日本からのフライト時間 直行便で約3時間から6時間(都市による)
通貨 元(RMBまたはCNY表示)
電圧 220V/50Hz
水道水 ミネラルウォーターがおすすめ
空港からの市内への移動 タクシー、バス

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。


中国旅行の持ち物について

中華料理

中国を旅行される方に実際に私が中国に行ってこれは持って行った方がいいと思ったものを紹介させていただきます。

 

まずはじめにポケットティッシュです。中国ではトイレにトイレットペーパーがない場合が結構あります。必ずバッグに一つは入れておいてください。

 

中国ではとにかくどこへ行くにも混雑していて、トイレもとても混雑していて手を洗うのにも一苦労です。ですので、ウエットティッシュなどを持っておくと、なおさら便利です。

 

二つ目に胃薬やお腹の薬を持っていくことを強くお勧めします。中国の料理は一見日本人に馴染みやすそうに思えますが、とにかく油をたくさん使う料理が多いので、たいていの人はお腹を壊してしまいます。普通の野菜炒めに見えても、大量の油が使われているので、食べる量には十分注意してください。

 

次にお勧めするのはマスクです。みなさん大気汚染などを気にされてつけている観光客のかたも大勢いらっしゃいましたが、マスクは本当に必須です。現地の中国人の方でさえつけている方が大勢いました。上海は北京に比べそれほどきになりませんでしたが、大都市を旅行されるのであれば、マスクをもっていくことを強くおすすめします。