オーストリア・ウィーンのWi-Fi事情

オーストリア・ウィーン

ウィーンのシュヴェヒャート国際空港やザルツブルクの空港、鉄道駅、カフェ、ホテルなどで有料または無料でWiFiができます。無料Wi-Fiは、充実しています。ただ、ビジネスなら日本からWiFiをレンタルしたり、SIMフリーのスマホを持っていき、プリペイドSIMカードを買ったほうが安全です。

 

プリペイドSIMカードは、空港では買えないので市内の携帯電話ショップで購入できます。プリペイドSIMカードの買い方は、以下のようにオーストリアへ出張へよく行かれる方に協力していただきました。

 

オーストリア・ウィーンでのSIMカード購入方法

SOHO

オーストリアはSIMカードを購入することが非常に簡単です。多くの場合海外でSIMカードを購入する場合、パスポートなどの身分証明書やクレジットカードの提示が必要ですが、オーストリアではそれらの必要がありません。

 

現金とSIMフリー機器があれば簡単に利用が行えます。オーストリアではSIMカードはWertkarteと言います。

 

オーストリアには大手3社、T-Mobile、A1、3の電話通信会社があります。料金とデータ量は各会社様々です。どの店舗もたたずまいはdocomoショップの様な雰囲気です。

 

その中で今回はT-Mobileをご紹介いたします。このSIMのおかげで7日間のウィーン滞在が非常に快適で、地下鉄やビル内でもネットの使用が可能でした。

 

使用プランは複数存在します。大きく分けると通話とデータ通信が行えるプランとデータ通信のみ行えるプランがあります。

 

データ通信のみのプランでは10GBを1ヶ月使用できるプラン、通話とデータ通信はオーストリア国内のみですが、1500分の通話と1500回のSMSが使用可能、データ通信を3GBが1ヶ月使用できるプランが15Euroで購入できます。3GBの容量は旅行者には充分すぎる容量だと思います。

 

ウィーン滞在中の7日間にソフトウェアのアップデートや空き時間に動画視聴を行い、持参したMacにテザリングを行い調べ物やデータ送信を行っても容量を超えることはありませんでした。他の国に比べSIMカードは非常に使用しやすく格安だと思います。

 

*2016年5月現在の情報です。


オーストリアの基本情報

時差 -8時間 サマータイム:-7時間
日本からのフライト時間 直行便で約12時間
通貨 ユーロ
電圧 230V/50Hz
水道水 水道水も飲める。
空港からの市内への移動 タクシー、電車、バス

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。

オーストリア・ウィーンのWi-Fi事情と旅行情報記事一覧

ウィーン国際空港から市内へのアクセス方法は、リムジンバス(Vienna AirprotLines)、シティ・エアポート・トレイン(CAT)、Sバーン(S-bahn)、タクシー(Taxi)の4つの方法があります。リムジンバスは荷物を持ち運ぶ距離も短く、最も多くの旅行者が利用しており、市内の主要駅に行くことができます。市内までの時間は30分〜45分です。料金は片道8Euro、往復13Euroです。CA...
オーストリア料理は、日が沈むことのなかったハプスブルク家の繁栄で多くの地域での伝統料理がウィーン料理に取り入れられていることもあり、バラエティ豊かで美味し料理があります。ウィーン滞在中は多くのビストロやレストランに行きましたが、どの店の料理も美味しく日本人の舌にあっている味付けだと思います。その中でも、ウィーンを訪れたら必ず食べて欲しい料理はヴィーナー・シュニッツェル Wiener Schnitz...