グローバルWiFiとWi-HoのWiFiレンタルを利用してみた

海外へ行くときは、このサイトで紹介しているように海外で使えるWiFiルーターをレンタルしています。

 

中国へ出張したときは、グローバルWiFiさんとWi-Ho(テレコムスクエア)さんでレンタルしたことがあります。中国内陸部の田舎町でも電波が安定していたので、問題なくメールの送受信やSkype、050+を利用することができました。左がテレコムスクエアさん、右がグローバルWiFiさんのWiFiルーターの写真です。
テレコムスクエアのWiFiルーター グローバルWiFiのWiFiルーター

 

ベトナムとタイ2カ国出張したときは、Global WiFiさんでWiFiルーターをレンタルしました。2カ国ということで、2つのWiFiルーターが送られてきました。このときは、マルチ変換プラグもお願いしました。
グローバルWiFiのWiFiルーター

 

海外WiFiレンタルのサービスがはじまってから、移動中もメール受信、Skypeでのチャット、050+で通話ができるので本当に便利です。ちなみに、050+ですが、ベトナムは利用できないと思いましたが、問題なく通話ができました。

 

スマホでの接続方法ですが、iPhoneの場合はこちらのページで説明していますが、スマホですと、機内モードにして、現地到着後にWiFiをオンにします。接続するWiFi機器のスイッチを入れて、ルーターを選択後に本体に表示してあるパスワードを入力するのみです。接続方法は、どのWiFiレンタル業者も同じになります。注意点としては、必ず現地到着後にスイッチを入れるようにしましょう。
グローバルWiFiのWiFiルーター
本体のパスワードを入力すればWiFiが利用できます。

 

今では、ホテル、カフェ、レストランでもWiFiができるところが多いですが、暗号化されていないWiFiスポットは、セキュリティの問題や個人情報流出の危険性があるのでおすすめできません。私は、FXや証券会社のサイトなどパスワードを入力するサイトへアクセスするときは、レンタルしたWiFiルーター経由で接続しています。

 

WiFiルーターの返却も業者により空港に返却ボックスがありますので、すでにクレジットカードで決済されている場合は、カウンターが混雑していても待ち時間はありません。
グローバルWiFiのカウンター
成田第一ターミナルにあるグローバルWiFiのカウンター

 

テレコムスクエアのカウンター
成田第二ターミナルにあるテレコムスクエアのカウンター

 

私の場合は、出発時は、自宅や会社に送ってもらい、返却は空港にする方法が多いです。ただ、テレコムスクエアさんの場合は、受取の場合も送料が必要なので空港受取がおすすめですね。成田空港の場合、自社カウンターが通り道に複数あるので、テレコムスクエアさんの場合は空港受取の方がよいでしょう。

 

海外WiFiレンタルの料金は、「海外WiFiレンタル料金比較表(とらさぽ.com)」をご覧ください。