ポルトガルのWiFi事情

ポーランドは、空港、ホテル、カフェ、鉄道駅など無料Wi-Fiは充実しています。ポーランドのキャリアーは、T-mobile, plus, orange, playの4社が有名。ワルシャワの空港内のコンビニ、中央駅、中央駅近くのショッピングモール、市内のキャリアー店舗などで購入可能です。プリペイドSIMカードはチャージして使用します。海外WiFiレンタルを利用する場合は、ヨーロッパ周遊プランのほうが安い場合があります。

 

ポーランド基本情報

時差 -8時間 サマータイム:-7時間
日本からのフライト時間 ヨーロッパ都市経由で約14時間以上
通貨 ズロチ
電圧 230V/50Hz
水道水 ミネラルウォーターがおすすめ
空港からの市内への移動 タクシー(メーター制)、高速鉄道、バス

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。


ポーランドについて

ポーランドは、東ヨーロッパに位置し、広い国土面積を持ちます。日本からの直行便はないので、ヨーロッパの近隣国で乗り換えていきましょう。ルートとして、ドイツでの観光後ポーランドに鉄道もしくはバスで行くのが安くていいかもしれません。

 

ベルリン―ワルシャワ間は非常に安いバスが通っています。首都ワルシャワはどんどん近代的に建て替えられている途中といった様相で、古いものと新しいものが混じりあっています。ワルシャワ中央駅についたら、まず換金しましょう。街の換金屋さんはレートが高いので、おすすめはキャッシュ機能付きのカードでATMから引き下ろす方法です。これが一番手数料が低いと思われます。中央駅には一応Wifiが飛んでいますが、なかなか繋がらないのが現状です。また、横断歩道がワルシャワ中央駅周辺にはあまり敷かれておらず、駅の外に出るのに一苦労するかもしれません。地下街をくぐって街に出ましょう。

 

この街では英語はあまり通じないものと思ってください。中央駅の駅員でさえほとんど通じませんでした。昨今はB&Bなどで個人で貸し出しているアパートメントホテルが多いですが、着いたら電話で連絡しないといけないなど会話が必要ですので、時間がない方、不安がある方はホテルを取ることをおすすめします。

ワルシャワで有名な偉人といえば作曲家ショパン

ワルシャワで有名な偉人といえば、作曲家ショパンです。有名なショパン国際コンクールはワルシャワフィルハーモニーで開かれています。この時期にワルシャワを訪れれば、世界から選ばれた新進気鋭のピアニストたちの若く情熱溢れる演奏を聴くことができます。街を歩けばショパン一色。どれだけこの作曲家がこの街の誇りであるかがよくわかります。

 

彼は祖国を思った曲をたくさん作曲しています。パリで亡くなったのですが、自分の心臓だけはどうしても祖国ポーランドにもち帰ってほしいという遺言を残し、それは遂行されました。ワルシャワにある聖十字教会内のある柱の下に埋められているということです。街には座るとショパンの作曲したピアノ曲が流れるベンチが設置されていたり、ショパン博物館があったりと、ショパンファンにはたまりません。ぜひ、お土産にショパンと名付けられた紅茶を買いましょう。旧市街にあるDEMMERS TEEHAUSで購入できます。オレンジの香りがする、冬によく似あう紅茶です。


ポーランドの郷土料理ピエロギ

ポーランドの郷土料理といえば、ピエロギです。日本の餃子よりも少し皮に厚みのあり、かわいらしい形をしています。中身は色んな具の種類があります。チーズ、キャベツ、コンビーフ、玉ねぎ等々。また、ゆでたものもあれば、揚げたものもあります。・・・あなたのお気に入りのピエロギを見つけるのはどうでしょうか。レストランではたいていが5個で何ズォーティ(ポーランドの通貨)という風にメニューに載っています。

 

見た目よりもボリュームがあり食べごたえがあるので、それだけで十分満足できます。おすすめは、ワルシャワのレストランFolkGospada。店員さんが民族衣装を着ていて、とってもかわいらしい雰囲気のお店です。ここではピエロギはジューレック(ライ麦を発酵させたスープ)など、ポーランドの定番メニューが食べられます。ワルシャワでレストランやカフェに入るたびにWifiを探しましたが、結果は半々ぐらいです。無料で飛ばしているところも多くあるので、お店の人に聞いてみましょう。


ポーランド食器ボレスワビエツ

みなさん、ポーランド食器ボレスワビエツを目にしたことはありますか?女性なら、きっと「かわいい〜!」と声をあげること間違いなしの、独特な模様が入った食器です。その模様はさまざまながらどこか共通するところがあり、一目見ればすぐにポーランド食器であることがわかります。

 

ポットやコップなどは、ぷっくりとした形がなんとも言えずかわいい!日本では知る人ぞ知るポーランド食器。日本で買えばとてもお高くついてしまいます。ここで皆さまに朗報です。ポーランドでは、ポーランド食器のアウトレット店が点在しており、そこではポーランド食器がとても安く手に入るのです。こんなに安くてかわいらしければ、選ぶのに何時間もかかってしまいそうなほどです。

 

おすすめは、Boleslawiec Outlet Shopです。土曜日は16時までしか営業していませんので、ご注意を。ポーランド食器はしっかりしていて割れにくく、耐熱性でもあるので、重宝します。小皿や陶器製のスプーンなど小さい食器もたくさんありますので、お土産に買っていかれるのはいかがでしょう♪


ワルシャワフィルハーモニーホール

ポーランドはワルシャワには、国際的に有名な国立ワルシャワフィルハーモニーホールがあります。5年に一度のショパン国際コンクールの本選もここで行われます。内装は豪華絢爛。入ったら美しさにうっとりするでしょう。ホール自体は小さめで、どこに座っても音がよく聞こえるアットホームなホールです。

 

一年を通してワルシャワ・フィルハーモニーが定期演奏会を行っているほか、さまざまな演目が公演されています。ヨーロッパはどこもそうですが、7月〜10月の夏休みシーズンは休暇に入ってしまいコンサートがなくなることが多いので注意しましょう。チケットの前売りをあらかじめ買うこともできますが、当日開演1時間ほど前にホールに訪れ、当日券の有無を尋ねてみましょう。大人気の公演以外はこの方法でたいてい手に入りますし、値段もお安くすむのでおすすめです。正装している人もいますが、気軽な服装でも大丈夫。ワルシャワの夜を、コンサートに訪れ優雅に過ごすはいかがでしょうか。