インド・デリーWi-Fi事情と旅行情報

海外WiFiレンタル

海外WiFiレンタルは、到着後すぐにデータ通信ができる便利なサービスです。当サイト割引価格の料金表は以下のページにまとめています。海外WiFiレンタルは、英語が苦手な方、日本語サポートが必要な方、機器設定が苦手な方、現地でプリペイドSIMカードを買っている時間がない方におすすめです。

*複数国へ行かれる場合は、世界周遊、ヨーロッパ周遊、アジア周遊プランもあります。
*友人や同行者と1台のルーターをシェアーされたい場合は、大容量プランもあります。

プリペイドSIMカード

デリーのインディラ・ガンディー国際空港でAircel, Relianceなどの旅行者用のプリペイドSIMカードが買え、使えるようにAPN設定をしてくれます。インドはトイレの数より携帯保持数が多いと言われるほど、ほとんどの人が携帯を持っています。 しかし、クレジットを組めない方々もいますので、プリペイド携帯の人が多いとのこと。そのため小売店でもSIMカードが売っており、すぐに購入できます。

海外パケット定額サービス

利用可能。

有料・無料Wi-Fiスポット

空港、カフェ、ホテルでWi-Fiが使えるところが増えています。価格が安いホテルやゲストハウスでもWi-Fiを無料で利用できる所もかなり多いです。 旅行者に便利なWi-Fiスポットとしてはスターバックスです。空港、コンノートプレイス、サケット、ハウスカスなど比較的大きなマーケットにあります。SSIDは、”tata docomo”。選択後にWi-Fi接続画面が出てきますので、電話番号を入力します。すると、その番号にパスワードが送信されますので、そのパスワードを入力すれば接続完了です。レストランではWi-Fiが接続されている所が多いので、店員さんに聞いてみてはいかがでしょうか。インドは停電もよくあります。もちろん、停電した時はWi-Fiも使えませんのでご注意ください。地下鉄(metro)では、有料ですがWi-Fiが利用できます。

インドWiFi事情

インドはIT大国と言われています。 他の国同様にWi-Fiが使える所が多いのですが、接続は安定しない場合が多いです。おすすめは、海外WiFiレンタルやSIMフリーのスマホを持っているのでしたら空港や小売店でプリペイドSIMカードを買う方法がおすすめです。

インドの携帯電話事情


インドはトイレの数より携帯保持数が多いと言われるほど、ほとんどの人が携帯を持っています。 しかし、クレジットを組めない方々もいますので、プリペイド携帯の人が多いのだとか。そのため小売店でもSIMカードが売っており、すぐに購入できます。


SIMカードが売っている小売店

インド人はとにかく自分が大好き!携帯でいつも自撮りをしています。携帯の待ち受けまで自分の写真という人もかなり多いです。 また、携帯を持っている人が多くいつでもどこでも使っていることから、メトロやレストランなどほとんどの場所で充電が可能です。

インド・デリーのWi-Fi事情とWi-Fiスポット

デリーのインディラ・ガンディー国際空港でAircel, Relianceなどの旅行者用のプリペイドSIMカードが買え、使えるようにAPN設定をしてくれます。また、空港をはじめ、メトロやレストラン等かなり多くの場所でWi-Fiの接続は可能です。

デリー地下鉄
デリーのメトロ(地下鉄)でもWi-Fiが使えます。

デリー地下鉄WiFi
デリー地下鉄のWi-Fi登録画面

カフェでは30分につきRs50等無料ではない所も多く、メトロも有料でWi-Fiが使えます。インド全体として、ホテルでWi-Fiが使える所は非常に多いです。価格が安いホテルやゲストハウスでもWi-Fiを無料で利用できる所もかなり多いですので、外国人には嬉しいサービスです。

旅行者に便利なWi-Fiスポットとしてはスターバックスです。空港、コンノートプレイス、サケット、ハウスカスなど比較的大きなマーケットにあります。使い方は簡単で、iPhoneの場合、「設定」→「Wi-Fi」を選択すると、tata docomoというのが出てきます。自動でwifi接続画面が出てきますので、電話番号を入力します。すると、その番号にパスワードが送信されますので、そのパスワードを入力すれば接続完了です。

レストランではWi-Fiが接続されている所が多いので、店員さんに聞いてみてはいかがでしょうか。インドは停電もよくあります。もちろん、停電した時はWi-Fiも使えませんのでご注意ください。

インドの基本情報

時差 -3.5時間
日本からのフライト時間 デリー:約8時間30分 ムンバイ:約9時間30分
通貨 ルピー(Rs)
電圧 220V/50Hz~240V/50Hz
水道水 ミネラルウォーターがおすすめ
空港からの市内への移動 タクシー、バス、電車

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。