ドイツ・ベルリンのWiFi事情

ベルリン

ドイツは、空港、ホテルやカフェ、公共施設など無料Wi-Fiスポットが普及しています。SIMフリーのスマホを持っている方は、プリペイドSIMカードも現地で購入できます。プリペイドSIMカードは、空港でも買えますが、市内で買うよりは割高です。市内では、コンビニや携帯キャリアの店舗で購入できます。

 

ドイツの携帯キャリアは、Vodafone, 02, T-mobile, E-Plusのほかにblau, Fonicなど格安SIMの会社もあります。英語が苦手な方や現地到着後すぐに移動する必要がある方は、このサイトでおすすめしているWiFiレンタルがおすすめです。

 

ドイツ基本情報

時差 -8時間 サマータイム:-7時間
日本からのフライト時間 直行便で約12時間
通貨 ユーロ
電圧 230V/50Hz
水道水 ミネラルウォーターがおすすめ
空港からの市内への移動 タクシー、電車、バス

・ノートパソコンやスマホ、タブレットの充電器は、240Vまで対応しているものが多いので、充電するときに変圧器は不要です。


ドイツ・ベルリンの空港から市内へ

ドイツ・ベルリン在住の方に旅行情報とお勧めの観光スポットなどをまとめてもらいました。

 

ドイツ・ベルリンは、日本からの観光客は南ドイツほど多くありませんが、さまざまな歴史と顔をもった、知れば知るほどおもしろい街です。

 

テーゲル空港を降り立つと、出口目の前のバスに乗って栄えているところまで行きましょう。Zoo(ツォー)駅かAlexanderplatz(アレクサンダープラッツ)駅まで行かれることをお勧めします。

 

バス・電車・トラムのチケットは共通で、片道2時間以内であれば値段は一定2.7ユーロです(2016年7月現在)。運転手に「アインツェルファーカルテ・ビッテ」といえば、チケットを発行してくれます。ベルリンはほとんどの人が流暢に英語を話しますが、自信がない方はバス停留所の前にある券売機でEnglishを選んで買うこともできます。


ドイツ・ベルリンのWiFi事情と旅行情報記事一覧

ブランデンブルク門ベルリンの観光地の一つであるブランデンブルク門。元はプロイセン王国の凱旋門でしたが、ナポレオンの手に渡り、1814年にベルリンへ戻ってきました。東西分裂時代は門のそばに壁が築かれていたため、門をくぐって行き来できませんでしたが、1989年に壁が崩壊し、今では誰もが通ることができます。すぐ手前には、ホテル・アドロンケンピスキーという豪華ホテルも。ここはかつて、マイケル・ジャクソンが...
カレーソーセージベルリンの名物といえば、カレーソーセージです。ソーセージはドイツ語でWurst(ヴルスト)。日本の食文化は素晴らしいので、本場より美味しいことが多々ありますが、ソーセージだけはドイツには敵わないと、このカレーソーセージを食べたときに思いました。カレーソーセージは、カレー味ではありません。写真からわかるように、大量のケチャップの上にカレー粉が振りかけられたソーセージです。種類はmit...